ラボ型開発(ラボ契約)​

ラボ型開発(ラボ契約)は、お客様専属のエンジニアチームを社外に構築する契約形態です。オフショア開発企業の中に専任の開発チームを持てるようなイメージです。 一定の期間エンジニアを確保できるため、チーム内で業務知識が蓄積され、請負契約よりも生産性の高いチームを構築でき、トータルのコスト削減を実現します。

また仕様変更などにも柔軟に対応ができるため、発注前に要件を固められない案件や追加開発が発生しやすい案件に適しています。メンバーを固定する契約のため開発ノウハウを蓄積しやすく、雇用と比較してリスクを抑えながら自社の開発チームを底上げすることができます。 中長期的な体制確保に関する、採用・雇用維持・教育などのお悩みをお持ちの方に最適の契約方法です。優秀なエンジニア、徹底したPDCAでお客様と共にKPI達成を図れるお客様専属チームをご提案いたします。

ラボ型開発が適している案件例

・仕様変更の可能性がある、要件定義が曖昧な案件
・中長期的に開発案件が複数ある
・小単位の開発を繰り返すアジャイル型開発
・既存のWEBサービスの運用や保守、改修

サビテックのサービスの特徴

・両社で定期的な振り返りを実施し、品質を改善します
・長期でメンバーを維持するため業務知識が蓄積され、トータルのコストを削減します
・レベニューシェア型でお客様専任開発チームを構築します

レベニューシェア型によるラボ型開発

サビテックでは、レベニューシェア型によるラボ型開発にもご対応可能です。お客様専任開発チームを構築して製品開発を行い、製品の販売利益からご契約のパーセントをお支払いいただきます。レベニューシェア型のラボ型開発では、初期費用を抑えた開発が可能です。詳しくはお問い合わせください。